日本酒に合う自宅で簡単に作れるおつまみ

日本酒のつまみ編:白身魚のごま醤油和え

お酒を飲む時のつまみとして作る時は、そのお酒によって作るものを変えたいものです。そして、日本酒のお酒のつまみとしては、飲んだ時に、少し辛味のあるものが口の中に残ることがあるほうがいいのです。そしてそのつまみの一つに、魚料理があります。

 

魚料理はお刺身といった、醤油でいただく料理が日本酒にはとても合います。なぜなら、それは醤油の辛さとお酒がとても合うためです。ですから、その醤油味であるものを作ることがそのお酒を美味しくいただくことができると言えます。そしてその一つに、白身魚のごま醤油和えがあります。

 

これは、淡白な白身魚を、濃厚に味をつけたものとなり、お酒の辛味とよく合った食べ物なのです。それは、お酒を飲んだ後に、少し辛味のあるごまの風味がお酒の甘さや辛さを一層引き立ててくれるのです。日本酒はお米からできているため、ご飯にも合う料理として作ると、どんな料理もとても合います。

 

そして白身魚のごま醤油和えもその一つなのです。それはまた、淡白な白身魚の甘さもごま醤油によって、魚の旨みとごま醤油の旨みが溶け合い、食べると口の中で一体感が生まれるのです。

 

それを食べた後に口の中にお酒を入れると、さっぱりとした感じも味わうことができます。ですから、魚の旨みとお酒の旨みを味わうことができるので、とても満足感を得ることができるのです。お酒には色々と種類がありますが、そのゴマ醤油は日本酒がいちばん合うのです。

日本酒のつまみ編:アボカドとわさび醤油

合コンや忘年会シーズン到来ですね。連日連夜飲み続けて、二日酔いの方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
お店での忘年会もいいですが、たまには家飲みもお勧めですよ。
冷蔵庫でキンキンに冷やした日本酒をくーっと飲み干す至福の時・・最高です!

 

もちろん家飲みの時にもつまみは欠かせませんよね。
お店ではついつい唐揚げにフライドポテト・・と揚げ物を中心に頼んでしまいがちですが、家飲みの時にはそんな普段の状況も考慮してヘルシーにいきましょう。
私が特におすすめするのは、アボカドの刺身です。

 

アボカドをスライスしてわさび醤油で食べるというとてもシンプルなメニューですが、アボカドとわさび醤油の相性が抜群です!!いくらでも食べれます。
そしてまた日本酒と合うのです!

 

少しアレンジして、包丁で軽く叩いたマグロの身と、アボカド、そこにうずらの黄身を乗せ、上からわさび醤油をかけて食べるとちょっぴり豪華なつまみになります。
マグロの他にサーモンもおすすめです。マヨネーズをかけても美味しいですね。

 

アボカドというと、男性の方にとっては普段はあまり口にしない食材かもしれませんが、コレステロールを下げる不飽和脂肪酸のオレイン酸、老化防止に役立つビタミンEなどが含まれているため、近年注目されている、最も栄養価の高い果物なのです。

 

女性には大変人気なので、奥さんも誘って一緒に家飲みしましょう。
アボカドとわさび醤油で自分なりのアレンジを楽しんでみて下さい。絶対おすすめですよ!